投稿日:

看護師の勤めているところといえば、病院という考え

看護師の勤めているところといえば、病院という考えが一般の考えでしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも多々あります。保健所において保健師と連携し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の仕事です。

また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
キャリアアップを目指して転職を考える看護師も世間にはいます。
看護師の能力を向上させることで、収入アップを目指すこともできます。看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分で自分にピッタリな職場を探してみることは重要です。内科の外来が合うと思える人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。

全国での看護師年収は平均して437万円くらいです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。

準看護師の場合ですと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。既婚で子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤がないという職場を求めています。病院以外を職場とするのであれば、その職場に適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。看護職の人がジョブチェンジする動機としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。

以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、マイナス要素をあげてしまうと、不本意な評価をされかねません。

この場合は、仕事を変えたい本当の訳を素直に明かす意味もありませんので、積極的な姿勢で求職していることを表明してください。