投稿日:

看護師の働き先といえば、病院という考えが

看護師の働き先といえば、病院という考えが普通でしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院の他にも色々とあります。
保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の務めです。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行います。看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊な上に、職場によっても異なってきます。

現場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、かなり3交代制の病院が多いですね。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制を望む看護師も多いです。看護専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。

面接担当者に嫌われると、ナースは人手不足といえど落とされることもあるでしょう。当然のことながら、待遇が良い勤務先は志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして面接官の前に立ちましょう。

爽やかな雰囲気を演出する出で立ちで、明朗快活に返答するように心がけましょう。看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが申込理由です。どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好感をもってもらえるように表すのはそう単純なものではありません。給与アップ、休日が増える等の勤務条件の利点を並べるのに比較して、看護職の能力をさらに深めたい等、やる気を印象付ける言い方をしたほうが受かりやすいものです。

看護師免許を取るには、何通りかの道があるのです。

看護師免許を手にするためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護に関して学ぶ必要があるのです。