投稿日:

看護職の人がジョブチェンジを検討する

看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはオンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。

看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には記載されていないケースも少なくありません。
しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、気になる組織風土などが確認できたりします。

できれば避けたい勤労条件に関するやりとりをお願いできる所も少なくありません。
看護師になるための国家試験は、年に1度あります。看護師の人数の不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを推移しています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準以上であれば合格可能な国家試験です。

看護師の人が転職する時に、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。そうは言っても、頑張って看護師資格を得たのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。違った職種でも、プラスになるところはいくつも存在します。

努力して得た資格なのですから、利用しないのは損です。看護士の求人情報は豊富にありますが、希望に見合う条件の求人があるとは言えません。 看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。

なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと思う方が多いです。
希望に合う勤め先に転職するためには、情報収集が重要です。看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊である上に職場によっても変わってきます。

一般に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれている場合が多いでしょう。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、かなり3交代制の病院が多いですね。 しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。